ペイントプロテクション・フィルムビジネス

XPEL JAPAN では、D.A.P(デザインアクセスプログラム)と本国 XPEL 社でも採用されている GRAPHTEC 社のカッティングプロッタを導入して施工まで行なって頂くコースと、当社の D.A.P から 出力されたプレカットデータのみをご購入頂き、施工のみを行うコースがございます。
それぞれ費用等の詳細はお電話にてお問い合わせ頂くか、Web 上のお問い合わせフォームよりご連絡 先を明記の上お問い合わせください。こちらから折り返し業販価格や詳細なビジネス・シュミレーショ ンに関しましてご連絡をさせて頂きます。
以下、D.A.P および GRAPHTEC 社のカッティングプロッタをご紹介致します。

D.A.P(デザインアクセスプログラム)

XPEL の特徴でもある D.A.P(デザインアクセスプログラム)とは、本国 XPEL 社が世界をネットワー クでつないで車種別のカットデータを共有しているシステムです。アメリカで市販される車両のデータ がメインではあるものの、ペイントプロテクションフィルムが求められる車両に対しては大部分をカ バーしています。また、最新の車両へもスピーディーにカットデータが作成されます。D.A.P 及び GRAPHTEC 社のカッティングプロッタを導入頂く場合、D.A.P 及びカッティングプロッタのオペレー ションを顧客様にも十分に扱えるように、きっちりとレクチャーさせて頂きます。

当社からプレカットデータをご購入して施工頂く場合は、当社にて車種ごとのカスタムデータの作成も 可能です。上記の通り D.A.P の大部分はアメリカで市販される車両のデータがメインとなっていますが、 XPEL JAPAN では人気車種や過去に実績のある一部の車種は、日本仕様としてデータを修正してアー カイブしています。それにより、巻き込み加工やマーカーの有無等もお客様、あるいは施工店様のご希 望に添ったオーダーも可能としています。
また、施工店様の方でプレカットデータを施工ミスしてしまった場合でも、補修用のプレカットデータ の提供も迅速に対応出来るよう心がけていますので、安心のバックアップ体制を整えています。

GRAPHTEC カッティングプロッタ

GRAPHTEC 社は、様々な計測機器や情報関連機器を手がける日本のメーカー。国内でカッティングプ ロッタではトップシェアを誇る人気を獲得しています。そのクォリティーは、本国 XPEL 社でも採用さ れているほど、ペイントプロテクション・フィルムとの相性は抜群です。
XPEL JAPAN では、GRAPHTEC 社のカッティングプロッタの代理店を努めていますので、お客様が ペイントプロテクション・フィルムビジネスを始めるにあたり、D.A.Pと共にGRAPHTEC社のカッティ ングプロッタを導入されることを推奨しています。カッティングプロッタは下記の 2 機種※をご用意し ておりますので、用途やご予算に応じて選択ください。※メーカーサイトへリンクします。

詳細をご希望の方は今すぐ
「ディーラー加盟の件です」 と弊社にお電話頂くか、
お問い合わせフォームよりご連絡下さい!

046-294-0488

お問い合わせフォーム
http://xpeljapan.com/contact/

XPEL Japan Gp代表
エクセルフィルム株式会社